直穂子筒描き筒描き体験会風景筒描き体験会風景
             

直穂子の筒描き体験会

     
○ 開催主旨
江戸時代から受け継がれている江戸友禅
の技術を、身近に体験できる機会を提供し、
これにより伝統工芸に対する理解を深め、保護・
伝承の意識を高めることを目的とする。
○ 内  容
江戸友禅技法のひとつ筒描きで、帯揚げ・ショール
の文様を染める体験会です。
絵があまり得意ではない方でも写し絵をするので大丈夫です。
①染色してある帯揚げの生地(30㎝×180㎝・絹100
%)を使用します。色は、ベージュ・ピンク・グレーの三色から選べます。
        帯揚げ
        ショール

      
染色してあるショールの生地(45㎝×180㎝・絹100
%)を使用します。色は、ベージュ・ピンク・グレーの三色から選べます。
    お申込みの際に、帯揚げかショールを選択し,
また、ベージュ・ピンク・グレーの生地色の中から
    選んでお知らせください。
②予めA3サイズの白い用紙に、お客様自身でデザインを黒いマジックペンで描いて、工房に持ってきてください。
デザインが浮かばない方は、こちらでいくつかご用意しております。ネット上のイラストや絵などをプリントアウトしたものでもOKです。(著作権にご注意ください。)
     (注意) 生地に写し取るので薄いペンだと
         分かりにくいです。
菜穂子筒描き  
   
③デザイン画を選択した生地の下に置き、色糊の入った
筒でデザイン画を写す。(色糊は5色)
     筒描き  筒
④帯揚げ・ショールに写し終わったら、蒸し箱で蒸します
⑤水洗いをして乾燥させます。
⑥アイロンをかけて完成。
     帯揚げ
     
 帯揚げ
作品は当日お持ち帰り頂けます。
    講師は、小林直穂子です。
○ 体験料
    ¥ 5,000円 
   帯揚げの生地(30㎝×180㎝・絹100%)含む。
        ショールの生地(45㎝×180㎝・絹100%)含む。
○ 場  所
江戸小紋染工房 小林染芸
〒175-0082 東京都板橋区高島平7-40-5  
TEL・FAX 03-3939-2861
○ その他
・団体(5人以上)はご相談ください。
・高校生以上の方が体験できます。
・エプロンはこちらで用意いたします。
・当日は汚れてもよい服装でお越しください。
・駐車場がないためお車でのお越しはご遠慮願います。
(近くにコイン駐車場あります。)
       
○ 日  時
今年の体験会、終了しました。
次回は来年秋に開催予定です。

※秋の体験会参加希望の方は、こちらにメールを下さい。
日程が決まりましたらメールにてご連絡差し上げます。

※人数が少ない場合、中止または日にちの変更をお願いする場合がありますので ご了承ください。

    メール
  午前の部  午後の部 
 

     午前の部は、8時から工房に入れます。
 11時に蒸しに入りますのでそれまでに仕上げてくださ  い。

      午後の部は、13時に工房に入れます。
    16時に蒸しに入りますのでそれまでに仕上げてくださ    い。
    ※ スタートの集合時間はありません。午前・午後の
      蒸しの時間までに仕上がるように工房にお越しくだ      さい。
福之介
福之介の場合 
     わしは、午前の部に申し込んで、
     生地はショールにして色はグレーにしょう。
     メールで送信・・・。
     下絵を描いてと・・・・。この下絵なら1時間半で
     筒で描けるだろう。蒸しの時間が11時だから
     小林染芸には9時30分頃行けばよかろう・・・。

     わしは、絵が下手くそじゃ!
     でも、写し絵だから大丈夫だったぞ!


      
   お申し込みはメールにて、日時、帯揚げかショール、
生地色をお知らせください。
  MAIL


   小林直穂子プロフィール
               naoko

1986年 東京手描友禅伝統工芸士の父、小倉剛氏に師事

1992年  小林家に嫁ぐ。

1996年  第21回 全日本新人染織展 意匠賞受賞

1997年  第22回 全日本新人染織展 優秀賞受賞

小林染芸の作品は、江戸小紋の凛とした中に優しい江戸友禅が生きている。直穂子の技法が小紋と友禅の融合に繋がった。

源氏香


花 


福之介

小林染芸の姫、直穂子殿の体験会!
楽しかったようじゃの!
よかった、よかった。
体験してくれた帯揚げ、ショールを紹介しよう。
 筒描き体験会風景 作品

筒描き体験会風景 作品

筒描き体験会風景